郷土料理で癒されよう | 大自然を感じられる観光スポットを堪能して、日々の疲れを癒そう!

郷土料理で癒されよう

日本庭園

どこに旅行に行ったとしても、その土地の食べ物を堪能したくなりますよね。
甲府に観光に行ったときも同様ですよね、昇仙峡を観光して自然に癒されたら今度は食事で癒されてみてください。
山梨県の名産といえば、どのようなものが思い浮かびますか?サクランボやぶどうにワイン、そして甲府の郷土料理といえば「ほうとう」ですよね。

ほうとうとは小麦を塩を使わずに打って、幅広いうどん状にした麺を季節の野菜を中心に味噌で煮込んだ料理のことをいいます。
しっかりと煮込むために、小麦が汁に溶けだして、とろみがついてきます。
これがほうとうの美味しさの特徴となっています。
さむい時期には本当に身体を温めててくれて、とくに人気なのはかぼちゃの方ほうとうです、味噌ベースの汁に、やわらかい麺の触感、かぼちゃの優しい甘みが絶妙に絡みあって、なんともいえない安心した優しい味を堪能できます。
初めて食べた時にも、なんとも言えないような懐かしさを日本人なら感じるとか聞いたりします。
とくに冬の寒い時期には、冷えた身体と相性が良く、特においしく感じられます。
そんなこともあって年末には多く人が甲府のほうとうと書かれた看板を出す、郷土料理の店が多く人でにぎわっているそうです。

どうでしょうか、甲府に観光にくれば、自然だけでなく食でも癒されることも間違いなしです!
いちど山梨にきて「ほうとう」を食べてみませんか?